妊娠13週4日 出生前検査(スクリーニング)結果が出ました

妊娠13週 ブログ 出生前診断 結果

 

前回、妊娠12週6日の検診(詳細はブログ)では、エコーでの詳しくスクリーニング後、特に腫瘍などの異常は見られず、順調な成長と診断を受けました。

その結果を元に、医師から出生前検査の方法の提案がありました。今回はエコーで異常が見られなかったので、羊水検査などの確定検査ではなく、血液採取だけで済む血清マーカーテストを行うことになりました。

血清マーカーテストはスクリーニングテストであって、可能性のみを判定するテストです。このテストで陽性となった場合は、100%の確率でわかる羊水検査に進むプランとなりました。

スポンサーリンク

検査結果が出るまで、まる4日だけ

前回のブログで書いた通り、検査を受けた同日、別の検査施設にて、同テストを受けました。この検査を受けたのは、木曜日19時過ぎ。翌週火曜日12時頃には、携帯メール経由で、結果が準備できたお知らせが届きました。

結果が出るまでの営業日(土日を除く)は、まる4日間だけ。早いですよね!

しかも、ネット上で結果を印刷することができるので、検査施設まで、再度赴く必要はありません。この辺り、日本よりも利便性が良いスペインです。

自分で印刷した結果を持参し、今週木曜日に再検診に行ってきます。

トリプルマーカー、クアトロマーカーでもない検査

今回受けた血清マーカーテストですが、血清マーカーテストとして日本で一般的なトリプルマーカーテスト、もしくはクアトロマーカーテストだと思っていました。

ただ、トリプルマーカーテストは、妊娠15週以降。クアトロマーカーテストは、妊娠16週以降からの検査が可能としている病院が多く、12週6日でのテストとしては早くないかと心配していました。

今回、検査結果の検査項目を確認してみると、私が受けたテストは、トリプルマーカーでもクアトロマーカーでもなく、「FirstScreen(ファーストスクリーン)」と呼ばれる検査でした。

FirstScreen(ファーストスクリーン)とは

FirstScreen(ファーストスクリーン)とは、商標登録されている検査名のようで、日本でもFirstScreen(ファーストスクリーン)の出生前検査を行っている病院があるようです。

血清マーカーから確認する検査項目が異なる

FirstScreen(ファーストスクリーン)では「PAPP-A、hCG」の2項目をチェックします。

トリプルマーカーでは「AFP, hCG, uE3」の3項目をチェックします。

クアトロマーカーでは「AFP、hCG、uE3、Inhibin A」の4項目をチェックします。

検査可能な時期が、トリプルやクアトロよりも早い

FirstScreen妊娠14週頃から、検査可能なテストとされています。

トリプルマーカーは妊娠15週以降、クアトロマーカーは妊娠16週以降とされています。

よって、この2つのテストよりは、少し早めの時期に検査可能となります。ただ、新型出生前診断(NIPT)は10週以降から検査可能なので、血液採取だけで済む検査の中では、一番早期での検査が可能となります。

私が検査を受けたのは、妊娠12週6日なので「検査可能とされている時期よりも早い!」と思ったのですが、実際の検査は、超音波検査でCRL(Crown Rump Length : 胎児頭殿長)が39~84mmの時期のみ検査を受けることができるそうです。

このCRLは、おおむね妊娠11週から14週になりますが、検査を受けることができるかどうかはCRLの値が指標となるそうなので、CRLの条件がクリアーしているのかなと推測しています。

言葉が完璧に話せる訳ではないスペインでの通院ですし、日本のようにじっくり説明するカルチャーがないので、この辺りは医師の指導を信じるしかありません。

 

出生前検査の結果は?

実際の検査結果は、かなり4ページにわたるものでしたが、赤ちゃんの出生前検査に関わる箇所だけスクリーンショットを撮りました。

出生前検査の結果 ブログ

 

まずは、FirstScreen(ファーストスクリーン)の検査項目である「PAPP-A、hCG」の2つが値が記されています。

  • PAPP-A….. 5.16
  • hCG….. 25.70   * 実際には、スペイン表記なのか「BHCG」と記されています

 

その後、判定結果が続きます。

  • ダウン症(21トリソミー)の確率は、1/5454 低確率
  • 年齢に見るダウン症確率は、1/81  * 私は41歳なので、41歳でのダウン症確率データです
  • エドワード症候群(18トリソミー)、パトウ症候群(13トリソミー)の確率は、1/27244 低確率

結果は陰性

検査結果に「定確率」と記されている通り、基本は陰性(確実ではなく、可能性の高さより)となりました。

おそらく、この結果を医師に持参すれば「羊水検査(確定検査)の必要なし」となります。

しかし!

このテストは、あくまでもスクリーニングテストであり、確定でないのです。

「スクリーニング」レベルのテストの不安を感じる

私は第一子の時、最初から羊水検査を選択した者なので、「スクリーニング」レベルの検査に不安を覚えます。

ネットを検索してみると、新型出生前診断(NIPT) で全て陰性との結果を受け取ったお母様が、実際には18トリソミー(エドワード症候群)だったブログを発見。

実際に、テスト結果と実際が異なる可能性はある訳で、実際に異なったケースも存在するのは確かです。

「障害があったら、赤ちゃんは諦める」派

命の選別には、様々な議論がありますが、私たち夫婦は「障害があったら、赤ちゃんを諦める」派です。

そういう考えに異議を唱える方や、気分を悪くする方がいるのは承知していますが、これは私たち夫婦の選択です。

私のおいは、自閉症です。出生前検査で判定不可能な障害です。実際に、姉の育児を見ていると、本当に大変なのです。大変な中に喜びや愛情が溢れているのですが、実際問題、本当に大変です。

自閉症と遺伝子疾患は、また症状などが異なりますが、大変を前提にした育児に自信がありません。ましてや、外国暮らしですし。

障害を抱えた子供を抱えての、長距離飛行機での日本帰省はどうしますか?

バルセロナには直行便がないので、乗り換えありの、最短でも乗り換え時間込みで15時間ほどの移動となります。子連れの場合、乗り継ぎ時間が短い飛行機は危険なので、17時間が平均でしょうか。安い飛行機の組み合わせを選ぶと20時間を超えることも。

障害とは関係なしに、子連れの帰省は本当に辛い仕事です。

それが、障害を抱えた子供の場合は、健康管理の面や、近くの客席に障害に理解ある乗客が乗り合わせるかなど、様々な問題が生じます。

スペインでは出生前検査が必須項目

日本では、出生前検査を受けること自体に批難が集まりますが、スペインでは35歳以上の妊婦には、検査が必須項目となっています。

実際には「受けたくない」ということであれば、拒否という選択もできますが、基本は妊娠プログラムに組み込まれています。もちろん、検査費用は、保険内なので無料となります。

検査結果が陽性となった場合、その後の選択は、家族次第となります。

ただ、このように出生前検査が批難を浴びることなく、妊娠プログラムの一部として一般的に行われている背景からは「障害があった場合は諦める」という選択をする夫婦が多いのではないでしょうか。

体外受精の概念にしても、日本は生命を取り扱う倫理観が、スペインよりも高くなっています。

日本の場合、体外受精にて受精卵を複数戻せるのは、母体が高齢であるか、2度目以降の体外受精であることが、一般的な条件です。それに加え、医師や病院の方針も、強く影響するでしょう。

スペインでは、年齢に関係なく、最初の体外受精から2つ戻すことが多いです。そのせいか、スペインには双子がとても多いです。特に、体外受精を行う経済的な余裕がある金持ちエリアには、双子が多いです。

医師との検診は、明日

出生前検査の結果は、すでに手元にあり、大体のところで理解できましたが、明日が検診日です。

出生前検診については、おそらくこれ以上の検査を薦められることはないでしょう。ただ、今回の血液検査で、その他にも検査項目があり、一部で平均よりも高い値がある項目がありました。

それらを質問してこようと思います。

また、1週間ぶりの赤ちゃんの成長も気になるところです。また、レポートします!

スポンサーリンク

不育症<5回目妊娠>毎日の体調記録もろもろ

過去の妊娠・出産・流産の履歴

体外受精移植日(BT0)〜妊娠判定(BT12)まで

妊娠4週〜5週 初エコー バニッシングツイン

妊娠6週目 不正出血!飛行機で長距離移動

妊娠7週目 膀胱炎に

妊娠8週目 悪阻ゼロ。2週間ぶりのエコー検診

妊娠9週目 グルテンフリー挫折!?

妊娠10週目 エストラーナテープ終了

妊娠10週6日 検診前にタッロットカードで占う

妊娠10週6日検診 3Dエコーで人の形に

妊娠11週5日 妊娠の行方をタロットカードで占う

妊娠11週目 気まぐれな食欲と悪阻

妊娠12週 性別判明!

妊娠12週6日検診 出生前検査

妊娠13週4日 出生前検査の結果 人気記事

妊娠13週 出生前検査結果を持参しての検診

妊娠14週 切迫流産!?

妊娠14週4日 波のように5分間隔で来る痛み。病院へ駆け込む 人気記事

妊娠15週 初めての胎動!?

妊娠16週 胎動はどこに?

<5回目の妊娠>に関する、関連記事

漢方薬「サイレイトウ」処方の費用と通院手順

体外受精: 凍結胚卵胞2つ移植の<決断理由、不安、移植の結果>

今回の体外受精で支払った、実際の費用(お会計合計) 人気記事

写真で追う、妊娠経過

妊娠中のお腹写真(お腹の出方)週ごとに経過まとめ 人気記事

妊娠中使用アイテム 使用レビュー

妊娠線予防オイル Weleda「マザーズ ボディオイル」使用レビュー 人気記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました