【妊娠7週0日】「流産」の嫌な予感。

妊娠7w0dブログ

 

現在、流産の可能性が高く、来週の検診まで待っている状態ですが、私が体から妊娠を感じられる症状が、どんどん少なくなっていきます。

すでに、昨日のエコーでも胎嚢の中が真っ黒で「流産の可能性」を示唆されている私ですが、ますます流産への不安が募ります。

サイト管理人ララ
流産への、嫌な予感ばかり

 

参考不育症。今回の妊娠の全記録を「4回目流産ブログ全一覧」でリスト化しています。結局、妊娠8週で自然流産。その後、排出された胎嚢の染色体検査を受けました。

スポンサーリンク

後日記

4回目の流産の後、1年以上、タイミング法で妊活していましたが撃沈。流産から約1年半後に、日本で体外受精を行い、現在、第一子出産以来、5回目の妊娠中です。その妊娠記録は、こちらにまとめています。

現在、まだ妊娠初期であり、過去の流産は全て初期だったので、まだまだ不安は続きます。

つわり症状ゼロ

【妊娠6週3日】つわりがなくて不安」と報告しましたが、その時点であった朝の胸焼け「つわりらしきもの」も、ここ数日、完全になくなってしまいました。

サイト管理人ララ
つわりで苦しむ方が、妊娠を実感できるので羨ましい

胸のハリもなくなってきた

妊娠を確認して少しした頃から、胸が張るようになり、少し大きくなりました。全体的に胸が硬い感じです。

「つわりらしきもの」が全くなくなった頃と同じ頃、胸の張りも少なくなりました

大きさは、いつもより「少しふっくら」を保持していますが、最初の頃よりも少し萎んできたような。

何よりも、感触が全く違うのです。触った感じが柔らかいです。妊娠によるホルモンによって、張っている感じがしません。

 

参考妊娠初期のエコーが絶望的でも、その後に胎芽や心拍が確認できた実話がないかと検索したところ、いくつか励まされる書き込みを見つけたので「妊娠初期。成長が遅かったけど、無事に妊娠継続した実話のまとめ」にまとめました。

 

スポンサーリンク

現役産婦人科医が考えた授乳期サプリ

 

妊娠を全く感じられない

「つわり」はなく、「胸の張り」もない。食欲はいつも通りですし、体に妊娠を全く感じません。

昨日、一昨日のエコーから、私の気持ちは後ろ向きです。「妊娠6週6日】今朝、不正出血。本日のエコーも胎嚢中からっぽ(涙)」の通り、エコー画像で胎嚢の中が空っぽなだけではなく、体にも妊娠症状が日に日に抜けていく感じです。

昨日は、不安で眠れない夜となりました。

  • 今回の流産可能性への不安
  • 不育症で繰り返す流産への不安
  • 高齢からの妊娠可能性への不安
  • また妊娠しても流産せずに出産できるのか?と言う不安

こんなにも流産を繰り返すので、スピリチャル的な意味を問い始めたりも、してしまいました。

  • 繰り返す流産経験。神様は私に、何を学んで欲しいのかな?
  • もうこれだけ辛い思いしたのだから、そろそろ元気な赤ちゃんを授けてください。
  • お腹に宿ってくれたのに、どうしてお空に帰っちゃうのかな?

 

参考 流産後のやるせない気持ち。「どうして?」と言う気持ち。池川先生の胎内記憶をヒントに「「流産」について、スピリチャルな視点で考えてみた」にて、気持ちの整理をしてみました。

スポンサーリンク

<

小さな希望

明るい希望を探し、私のような状態から妊娠が継続した実体験の検索魔になっていました。その結果、まとめた記事が「妊娠初期。成長が遅かったけど、無事に妊娠継続した実話のまとめ」です。

また、医師から稽留流産の診断を受けた後日、流産処置の掻破手術当日に、胎動を確認し出産に至った方のブログ読みどころを「流産処置手前で心拍確認をし、出産に至った妊活ブログをおすすめしたい!で紹介しています。この実話は、本当に奇跡だと思うし、励まされます!

多くはありませんが、それでも希望を感じさせてくれる実体験がありました。

幸い、昨日、見られた不正出血は、昨日の午前中だけでした。胎嚢の中は真っ黒ですが、まだ可能性があることを願い、ヘパリン注射もバイアスピリンもきちんと続けています。

ネガティブな気持ちを否定はできませんが、今はお腹の中の赤ちゃんの力を信じるしか、ありませんね。

 

参考 不育症の治療や検査に助成金を用意している市町村があります。「不育症「助成金制度」がある自治体(市町村)リスト【2018年】」にて全国の市町村の助成額と助成期間の概要をまとめています。

「妊活」関連記事

Tender loving care (TLC、愛護的ケア)が流産回避率(妊娠継続率)を向上させる
「TCL、愛護的ケア」は、流産回避率を改善(妊娠継続率を向上)する効果があることが、研究によって証明されています。具体的なデータによって「TCL、愛護的ケア」有無により、具体的に何%の流産回避率へ向上するのか、具体的な統計データと共に解説。
妊娠初期。成長が遅かったけど、無事に妊娠継続した実話のまとめ
妊娠初期でのエコーにて胎嚢が小さかったり、胎芽が見えないなど不安を抱えている方も多いと思います。週数と比べ、大きさが小さかったり、見えなかったけれど、その後、無事に妊娠を継続された方の実体験の投稿をまとめました。
「年齢別の流産率」統計データ
流産に関わる様々なデータ・統計を紹介。年齢区分ごとの流産率、受精卵の染色体異常率、妊娠の流産率等。
「稽留流産」診断から一転! 誤診だった、心拍確認できた体験談まとめ。まだ生きている命かもしれない!?
稽留流産の診断を受けてから一転!診断が間違えだった、掻破手術直前に心拍確認ができ赤ちゃんが生きていた。そして、無事に出産された実体験をまとめました。
妊娠初期(8週まで)血中と尿中のhCG分泌量比較。妊娠継続率。
妊娠初期における「血中と尿中のhCG値、適正分泌量」分泌量における「排卵後16日目のhCG値と妊娠継続率」を解説。

 

スポンサーリンク

「妊娠〜4回目流産」経過 ブログ記事一覧

【4W1D】 スペインでの不育症治療開始!

【4W4D】スペインの母子手帳を入手!

【5W1D】2回目の検診。胎嚢小さめ。

【5W4D】ヘパリン注射のあざ(写真あり) 

【妊娠6週3日】つわりがなくて不安

【妊娠6週5日】胎嚢の中がからっぽ。

【妊娠6週6日】今朝、不正出血。 

【妊娠7週0日】胸はしぼみ始め「つわり」ゼロ。 ←今ここ

【妊娠7週5日】真っ赤な出血と腹痛

【妊娠7週6日】自然流産

【妊娠8週0日(流産後)】胎嚢が排出!

流産後、胎嚢の染色体検査の結果

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました