【妊娠6週6日】不正出血。エコー胎嚢中からっぽ

妊娠6週6日流産

 

昨日「【妊娠6週5日】袋の中がからっぽ。やっぱり流産かも(涙)」の通り、約10日ぶりの検診では、胎嚢の中が空っぽ、5週の見た目でしかないと言われ、心配な結果に終わりました。8週過ぎでの検診まで、様子観察ということでした。

今朝、今回の妊娠で初めての不正出血がありました(涙)

昨日、クリニックの検診を終えたばかりなのですが、それとは別に公立病院での診察が、以前から予定されていて、別の先生に診てもらうことになりました。

本日のエコーも、昨日と変わらず、胎嚢の中は、真っ黒

次のクリニックでの検診は妊娠8週4日の予定ですが、その前に公立病院にて妊娠7週6日の時点での検診が予定されています。

 

参考不育症。今回の妊娠の全記録を「4回目流産ブログ全一覧」でリスト化しています。結局、妊娠8週で自然流産。その後、排出された胎嚢の染色体検査を受けました。

スポンサーリンク

後日記

4回目の流産の後、1年以上、タイミング法で妊活していましたが撃沈。流産から約1年半後に、日本で体外受精を行い、現在、第一子出産以来、5回目の妊娠中です。その妊娠記録は、こちらにまとめています。

現在、まだ妊娠初期であり、過去の流産は全て初期だったので、まだまだ不安は続きます。

不正出血の原因

黒茶色の血を、今朝、おりものシートに発見。取り替えてから、午前中の診察に向かいましたが、エコー前に下着を脱いだ時にも黒茶色の不正出血が。

先生に原因を聞きました。先生のあげた理由は2つです。

1、昨日のエコー診断で、膣の中が傷ついて出血した

2、流産に向けて体が準備しているかも

サイト管理人ララ
流産の準備かもね、、、 私はネガティブです

排卵日に遅れはないの?」と夫に質問されますが、多分ありません。私の生理周期は28日。ここ最近、それが26日や25日だったことがありました。

なので、遅くなるよりは、早まる可能性の方が高いので、成長の遅れが排卵日の計算間違いである可能性は少ないと思います。間違えであって欲しいのですが、、、

参考私と同じぐらいの妊娠週数エコーで絶望的でも、その後に胎芽や心拍が確認できた実話がないかと検索したところ、いくつか励まされる書き込みを見つけたので「妊娠初期。成長が遅かったけど、無事に妊娠継続した実話のまとめ」にまとめました。

サイト管理人ララ
自分でまとめている内に、少し、元気が出てきた

 

スポンサーリンク

現役産婦人科医が考えた授乳期サプリ

 

4回目の流産か、、、

初めてのヘパリン注射。そしてバイアスピリンで、不育症治療をしていたので、今回の妊娠は大丈夫と、心配ながらも信じていました。ヘパリンと低容量アスピリンの併用で、7割ほどの妊娠継続率というデータも信じていました。

でも、やはり流産の可能性の方が高い流れに向かっています。私は、妊娠が継続する7割ではなく、流産をしてしまう3割の方だったようです。

昨日のクリニックでの検診、そして今日の公立病院での検診。決定ではありませんが、流産確定を控え、体の力が抜けてしまい、大泣きこそはしませんが、悲しく沈んだ心が、ここにあります。

スポンサーリンク

流産と年齢の不安

これから妊娠することはあっても、本当に産むことができるのかという不安。流産を繰り返すのではないかという不安。

そして40歳となる年齢的にも、残り、何回、妊娠できるのかというタイムリミットの不安もあります。

これから妊活は続けますが、また流産しないために、一体、何ができるのでしょうか??できることは、やっているにも関わらず流産という事実には、暗闇の中でもがいているような気持ちです。

暗闇の中で、何回も穴に落ちても、頑張れば、いつかは光が見えるのでしょうか?それとも、私の運命は、もう出産することはなく流産を繰り返すシナリオだけなのでしょうか?

今日は、泣きじゃくることはありませんが、沈んだ気持ちが続いています。とりあえず、次の妊娠7週6日での検診まで、ゆっくり過ごすようにします。

「妊活」関連記事

Tender loving care (TLC、愛護的ケア)が流産回避率(妊娠継続率)を向上させる
「TCL、愛護的ケア」は、流産回避率を改善(妊娠継続率を向上)する効果があることが、研究によって証明されています。具体的なデータによって「TCL、愛護的ケア」有無により、具体的に何%の流産回避率へ向上するのか、具体的な統計データと共に解説。
妊娠初期。成長が遅かったけど、無事に妊娠継続した実話のまとめ
妊娠初期でのエコーにて胎嚢が小さかったり、胎芽が見えないなど不安を抱えている方も多いと思います。週数と比べ、大きさが小さかったり、見えなかったけれど、その後、無事に妊娠を継続された方の実体験の投稿をまとめました。
「年齢別の流産率」統計データ
流産に関わる様々なデータ・統計を紹介。年齢区分ごとの流産率、受精卵の染色体異常率、妊娠の流産率等。
「稽留流産」診断から一転! 誤診だった、心拍確認できた体験談まとめ。まだ生きている命かもしれない!?
稽留流産の診断を受けてから一転!診断が間違えだった、掻破手術直前に心拍確認ができ赤ちゃんが生きていた。そして、無事に出産された実体験をまとめました。
妊娠初期(8週まで)血中と尿中のhCG分泌量比較。妊娠継続率。
妊娠初期における「血中と尿中のhCG値、適正分泌量」分泌量における「排卵後16日目のhCG値と妊娠継続率」を解説。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました